ホーム > 暮らし?手続き > 動物?ペット > ペット全般について

ここから本文です。

更新日:2021年7月19日

ペット全般について

動物を飼う前に(飼い主の心構え)

動物は「いのちあるもの」です。

飼い始めるときには、最後まで責任をもって飼うことができるか家族でよく話し合いましょう。
また、周囲に迷惑をかけないよう、飼い主としての責任とマナーを守りましょう。

動物が飼えなくなってしまったら???

飼い主には、終生飼養の責任があります。
自らの病気などによりどうしても飼えなくなった場合には、自分で新たな飼い主を探す、動物愛護団體に相談する等して、譲渡先を見つけるようにしましょう。
動物の遺棄は犯罪です。(100萬円以下の罰金)
譲渡先が見つからないなど、やむを得ない場合は、ご相談ください。

負傷した動物について

公共の場所で負傷している犬ねこ等を発見したときは、ご連絡ください。
(野生の鳥や獣は含みません。)

ペットの迷子について

ペットが行方不明になったときや、迷子の動物を保護したときは保健所へご連絡ください。

収容犬情報等のページ

マイクロチップについて

マイクロチップを裝著することにより、迷子や災害時、盜難や事故に遭った時に飼い主を判明し返卻することができます。
體內に埋め込むため、迷子札等のように脫落や消失の心配がありません。
裝著時の痛みは注射程度と言われ、裝著後のペットへの負擔はほとんどありません。

(參考)

ペットの火葬について

藤沢市では、石名坂環境事業所でペットの火葬を有料で行っています。

動物の譲渡について

神奈川県動物愛護センター(外部サイトへリンク)で譲渡を行っています。

神奈川県動物愛護管理推進計畫

人と動物の調和のとれた共生をめざして

神奈川県動物愛護管理推進計畫は、動物に関わるすべての人々により「人と動物の調和のとれた共生」の実現に向けて、神奈川県と動物愛護管理行政を獨自に推進している橫浜市、川崎市、相模原市、橫須賀市及び藤沢市が中心となって取り組む計畫として、平成20年3月に策定されました。

同計畫は、平成24年に改正された「動物の愛護及び管理に関する法律」や、平成25年に改正された「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」に沿って計畫の見直しを行い、平成26年度から10年間の計畫として、現在取り組まれています。

神奈川県動物愛護推進員について

神奈川県では、動物の愛護や正しい飼い方を効果的に普及するため、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、県民の方に「神奈川県動物愛護推進員」を委囑する制度を実施しています。動物愛護推進員には、ボランティアとして県や市町村が実施する動物愛護普及事業への協力や、各種動物の飼い方等に関する相談対応など、地域に根ざした動物愛護の推進に取り組んでいただいてます。
現在、藤沢市には、6名の動物愛護推進員が県から委囑されています。動物愛護推進員へご相談をご希望の方は、生活衛生課までお問い合わせください。

人獣共通感染癥(動物由來感染癥)

人と動物に共通する感染癥が多數あります。
動物に觸れた後は、手をよく洗い、食器を共用したり、口移しにものを與えたりすることはやめましょう。

情報の発信元

健康醫療部 生活衛生課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番號:0466-50-3594(直通)

ファクス:0466-28-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

草蜢社区在线观看免费下载